【Webライター募集中】土日休み♪ライター未経験でもOK☆詳しくはこちら

豊田市美術館にクリムト展がやってくる!見どころ&チケット情報を紹介

2019年、夏。豊田市美術館にて「クリムト展」の開催が決定しました。

開催期間は、2019年7月23日(火)〜2019年10月14日(月)の約3ヶ月間。

2018年7月〜2019年の5月31日まで改装中の豊田市美術館ですが、リニューアル一発目の特別展示としてふさわしい非常にビッグなイベントです。

実は私、クリムトをはじめとするアール・ヌーヴォー作品にはまっていて、今回この展示が開催することを知って歓喜の雄叫びをあげるほどテンションが上がっています。

この記事では、クリムト展が楽しみでしょうがない私が、展覧会の見どころを紹介していきます。

豊田市美術館のクリムト展の見どころを紹介

世界中に絶大なファンを持つクリムト。絵画好きなら知らない人はいないと思います。

ダイナミックさと繊細さの両方を持つクリムトの作品に、心を奪われた人は私だけではないはず。

そんなクリムトの作品が、豊田市美術館で展示されるということなので、足を運ぶ前に予習をしておきましょう。

そもそもクリムトってどんな人?

知っている人も多いかもしれませんが、クリムトは19世紀末のウィーンを代表する画家です。

本名はグスタフ・クリムト(1862-1918)。

クリムト作品で最も知名度が高いのは、「接吻」ではないでしょうか。


上の写真は、グリコアーモンドピークのおまけでゲットした、クリムトの接吻カードです。(ミュシャとクリムトが当たるまで買いました。)

今回のクリムト展では、残念ながら接吻の展示はないようです。

しかしクリムトの作品には、接吻に負けない魅力的な絵画がたくさんあります。

それでは、クリムト展で展示される絵画をちょっとだけ見てみましょう。

クリムト展の展示内容

今回の展覧会では、日本では過去最大の20点以上のクリムト作品を見ることができます。

クリムト展の公式ホームページには、以下の絵画が展示予定と公開されていました。

  • ユディトⅠ
  • ヌーダ・ヴェリタス(裸の真実)
  • ヘレーネ・クリムト
  • オイゲニア・プリマフェージの肖像
  • 赤子(ゆりかご)
  • アッター湖畔のカンマー城III
  • マリー・ヘンネベルクの肖像
  • 家族
  • 白い服の女
  • 雨後(鶏のいるザンクトアガータの庭)

注目度NO.1は「ユディトⅠ」

ユディトⅠは、金箔を用いる技法が施された油絵作品です。

ユディトⅠが描かれた1900年前後のクリムト作品には頻繁に金箔が使われており、この期間はのちに「クリムトの黄金時代」とよばれるようになりました。

ゴージャスな装飾を身にまといながらも、首を絞められているような描写で、女性の美しさと同時に不自由さなどが表現されています。

今回のクリムト展のポスターにも使われており、最も注目すべき1点でしょう。

ユディトⅠの他にもヌーダ・ヴェリタス(裸の真実)など、印象的な黄金期の作品も見ることができます。

クリムト展のスケジュール

豊田市美術館で開催される、クリムト展のスケジュールは以下のとおりです。

展覧会名 クリムト展 ウィーンと日本1900
開催期間 2019年7月23日(火)〜2019年10月14日(月)
開催時間 10:00~17:30 (入場は17:00まで)
休館日 毎週月曜日(祝日は除く)

平日は空いていて、ゆっくり静かに楽しむことができるのでおすすめです。

土曜日や日曜日しか時間がとれない人は、オープン時間に合わせて行くといいかもしれません。

チケット料金&年間パスポートのすすめ


私が調べた段階では、豊田市美術館で開催されるクリムト展の公式なチケット料金は公表されていませんでした。

一足先に、東京都美術館で開催されているクリムト展のチケット料金を見てみましょう。

チケットの種類 当日 前売り・団体
一般 1,600円 1,400円
大学生・専門学生 1,300円 1,100円
高校生 800円 600円
65歳以上 1,000円 800円

前売り券だと、それぞれ200円ずつ割引があるようです。

しかしクリムト展をとびっきり楽しみたいなら、私も持っている年間パスポートを購入するのがおすすめです。

年間パスポートは購入から1年間、常設展示・特別展示が見放題になるというスペシャルなチケットです。

年間パスポートの詳細は、以下のとおりです↓

料金 3,000円
使用期限 1年間

年間パスポートがあれば、クリムト展を何度でも見に行くことができます。

私も2018年は「ジャコメッティ展」「ビルディング・ロマンス展」「ブリューゲル展」など、美術館に何度も足を運んだため、年間パスポートにはとてもお世話になりました。

2回行けば元がとれますし、ミュージアムショップでの割引サービスなどもあるので、グッズを購入したい人にもおすすめです。

他にも美術館内のレストランにて、ランチ後のデザートサービスなども受けれますし、愛知県内の他の美術館でも割引を受けれるなど、かなり使えるアイテムになります。

豊田市美術館の年パスで割引になる施設はこちら↓

  • 岡崎市美術博物館
  • 桑山美術館
  • 大一美術館
  • 徳川美術
  • 古川美術館
  • ヤマザキマザック美術館

年間パスポートは、豊田市美術館のチケット受付で購入することができます。

1枚持っていると大活躍してくれるので、ぜひ作ってみてはいかかでしょうか。

豊田市美術館の駐車場・アクセス情報

豊田市美術館には、乗用車225台を収容することができる無料駐車場があります。

また、豊田市内のフリーパーキングの駐車無料サービスも受けることができます。

駐車場が広いのは良い点ですが、最寄り駅からは少し距離があり、徒歩で20分ほどかかってしまいます。

可能であれば車で行ったほうがよいでしょう。

住所 〒471-0034 愛知県豊田市小坂本町8丁目5番地1
電車最寄り駅 豊田市・新豊田
最寄り駅からの距離 約800m(徒歩20分)