【Webライター募集中】土日休み♪ライター未経験でもOK☆詳しくはこちら

刈谷ハイウェイオアシスへ月1で行く常連が教える見どころと楽しみ方

刈谷ハイウェイオアシスは愛知県刈谷市にある大型の複合施設で、県民のソウルプレイスです。

私はここが大好きで、月に1回は遊びにいっています。

今回は、刈谷ハイウェイオアシスの見どころや常連だけが知っている楽しみ方について紹介していきます。

連休や長期休暇にどこへいくか決まっていない人は、ぜひ検討してみてください。

レジャーやグルメも満載なので、大人から子供まで楽しめますよ。

刈谷ハイウェイオアシスは見どころ満載!食事処や遊ぶ場所もたくさん

ヤマサのちくわ

刈谷ハイウェイオアシスは、一日中遊べる人気のお出かけスポットです。

2009年にはニバーサル・スタジオ・ジャパンに次いで、入場者数が全国3位になった実績があるんだとか。

とはいえ、なぜサービスエリアに多くの人が集まるのか気になりませんか?

たくさんの人が集まる刈谷ハイウェイオアシスの魅力は、常連の私が以下でたっぷり紹介していきます。

高速道路から見える巨大観覧車はインパクト絶大

刈谷ハイウェイオアシスのシンボルといえば、高速道路から見える巨大観覧車ですよね。

巨大観覧車の高さは60メートルで、刈谷市の街並みを一望できます。

夜にはライトアップされイルミネーションも満喫できるので、恋人とのデートにもおすすめです。

設置されているエリアや利用料金については、以下の表を参考にしてください。

利用料金 600円
営業時間 10:00〜22:00
乗車時間 約12分/回
設置エリア セントラルプラザ(下りPA側)

観覧車に乗って気分が高まったら、最高の食事を堪能しましょう。

34店舗のグルメが揃うフードコートでランチもディナーも満喫

フードコートの店舗看板

刈谷ハイウェイオアシスのフードコートは、ご飯ものからデザートまで全34店舗が軒を連ねています。

名古屋名物の味噌カツはもちろん、いきなり!ステーキや豊橋名物のあんまきが有名な藤田屋まで選びたい放題です。

ひとつだけ残念なのは、年間入場者数に対してフードコートの机や椅子が少なすぎること。

お盆や正月など、年末年始の混雑時は完全に座れないので気をつけてください。

絶対に座れる時間を狙うなら、まだ観光客が集まってこない早朝がおすすめです。

混雑の時間帯に行って座れなくても、肉まんなどのテイクアウトできるメニューも充実しているので安心してください。

私のおすすめは、豊橋市名産のヤマサちくわです。

ちくわだからといって、侮ってはいけませんよ。

ヤマサのちくわは味覚破壊レベルで美味しい

34店舗ある食品専門店の中でも、私が最もおすすめするのはヤマサちくわです。

ヤマサちくわといえば愛知県で最も有名なちくわメーカーですが、刈谷ハイウェイオアシスではちくわだけでなく揚げたてのはんぺんや練り物が堪能できます。

私は正直練り物自体あまり好きではなかったのですが、ここのはんぺんだけは本当に味覚破壊レベルで美味しい。

刈谷ハイウェイオアシス限定のはんぺんもありますので、ぜひ食べてみてはいかがでしょうか。

対象エリア セントラルプラザ1F高速側
営業時間 7:00〜22:00
TEL 0566-36-6088
プチットペールでタピオカを買うのは定番

刈谷ハイウェイオアシスはテナントに流行を取り入れますから、もちろんタピオカだってありますよ。

セントラルプラザ1階にあるプチットペールは、台湾の茶葉を使用した本格的なタピオカドリンク専門店です。

ここのタピオカは黒糖で煮詰められているので、まさに本物のタピオカドリンク。

たくさん遊んだ後のひといきや、帰りの車内で飲むドリンクに最適です。

対象エリア セントラルプラザ1F高速側
営業時間 7:00〜22:00
TEL 0566-35-5706

天然温泉かきつばたの足湯は観光で疲れた足を癒す最高のスポット

天然温泉かきつばた

下りパーキングエリアの裏にある天然温泉かきつばたの足湯は、疲れた足のリフレッシュにおすすめです。

館内ではなく外に設置されているので、風景を楽しみながらゆっくりリフレッシュできます。

弱アルカリ性の温泉なので、足の疲れをほぐすにはぴったり。

しかも入場料100円で利用できて、リーズナブルなのも嬉しいですよね。

営業時間 平日9:00〜23:00、土日祝7:00〜23:00
入館料(足湯) 100円
休館日 毎月15日
電話番号 0565-35-5678

夏場ならこども達の大好きな水遊び!親子で楽しめるジャブジャブ・ミスト噴水

毎年4月から10月の期間は、観覧車の裏側にあるジャブジャブ・ミスト噴水が稼働します。

この噴水は子供たちが水遊びできるようになっていて、水圧もあまり強くないのが嬉しいポイントです。

夜になるとライトアップされてリズミカルにカラフルな光が現れるので、子供も大喜び。

ただし、寒くなってくると水が出てこなくなるので注意してください。

サービスエリアに遊園地があるなんて聞いたことありますか?

ジャブジャブ・ミスト噴水から下りパーキングエリア方面へ向かうと、小さな遊園地が出現します。

遊園地にはゴーカートやメリーゴーランドなどの様々な遊具があり、子供と一緒に遊ぶには最適なスポットです。

大人も乗れるミニ汽車や、大型の複合遊具も楽しめます。

ただし、雨天の場合は稼働しませんので注意してください。

岩ヶ池公園は季節ごとにイベントが変わる

遊園地が位置する岩ヶ公園は、季節ごとに様々なイベントをおこなっています。

私が遊びにいったときは、ちょうどハロウィンイベントをおこなっていました。

子供たちを対象にしたスポーツ大会などもおこなっているので、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

刈谷ハイウェイオアシスのアクセス情報|高速道路でも下道でもいける

刈谷ハイウェイオアシスは、高速道路だけでなく下道からもアクセスできます。

高速道路から来場する場合は、伊勢湾岸道を利用するとそのまま駐車場へ入れます。

もっと詳しく知りたい人は、以下で方面ごとのアクセス詳細をまとめてありますので参考にしてください。

名古屋市街から 名古屋高速3号大高線名古屋南JCTから伊勢湾岸自動車道静岡方面
三重方面 東名阪自動車道四日市JCTから伊勢湾岸自動車道
米原または一宮方面 名神高速小牧JCTから東名高速へ豊田JCTより伊勢湾岸自動車道
美濃または土岐方面 東海環状自動車道で豊田方面へ、豊田東JCTから伊勢湾岸自動車道へ

一般道からアクセスする場合は、県道54号豊田知立線からすぐに到着します。

もちろん車だけでなく、公共交通機関からもアクセスできます。

刈谷駅発のバスで施設内までいける

公共交通機関を利用して刈谷ハイウェイオアシスへいく場合は、知立駅から出発する刈谷市公共施設連絡バスがおすすめです。

このバスには刈谷ハイウェイオアシス行きがあり、施設内の駐車場で降ろしてもらえます。

名鉄名古屋本線の知立駅から出発するイオン三好店内モール前行きバスでもいけますが、20分ほど徒歩の道のりがあるためおすすめしません。

車中泊は管理会社公認!安心して泊まれる

刈谷ハイウェイオアシスは、管理会社から車中泊が認められています。

駐車場で寝てても強制退去させられないため、仮眠をとったり車で遠出をする際の休憩所にもおすすめです。

ただし、夜の0時から翌朝6時までは門が閉鎖されるため出られませんので注意が必要です。

トイレは24時間利用可能ですので、安心してください。

刈谷ハイウェイオアシスはもはや愛知県民の誇りといっても過言ではない

刈谷ハイウェイオアシスのパンフレット

刈谷ハイウェイオアシスは、美味しいご飯が食べられて一日中遊べる最高のレジャースポットです。

大人も子供も楽しめるので、家族揃ってのお出かけにもおすすめです。

土日にどこへお出かけしようか迷っている人は、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。