【Webライター募集中】土日休み♪ライター未経験でもOK☆詳しくはこちら

ふるさと納税とは?初めてでも簡単においしい返礼品をゲットできた話

数年前からテレビやネットで「ふるさと納税」が取り上げられているのは知っていて、興味はあったのですが、なかなか実行できずにいました。

というのも、テレビでは「豪華な返礼品」や「お得なふるさと納税」と特集されていますが、最後は「上限額を自分で調べて下さい」と放送されるので、面倒に感じていたからです。

きっと、国の制度だから電話1本やワンクリックで終了といかない手続きなんだろうと、勝手に想像していたのですが、やってみると大きな思い違いだったと気づきました。

実際には、とっても簡単な手続きでお得に返礼品をゲットできたので、思わず顔がニヤけてしまったほどです。

「もっと早くやっておけばよかった…。」と後悔したのは、言うまでもありません。

今回は、初めての私でも簡単にできたふるさと納税の実体験を紹介します!

ふるさと納税とは自治体への寄付制度

そもそも、ふるさと納税とは、一体どんな制度なのでしょうか?

総務省のホームページでは、以下のように紹介されています。

ふるさと納税とは、自分の選んだ自治体に寄附(ふるさと納税)を行った場合に、寄附額のうち2,000円を越える部分について、所得税と住民税から原則として全額が控除される制度です(一定の上限はあります。)。

引用元: 総務省 ふるさと納税 

つまり、今まで支払うだけだった税金分を寄付という名目で他の自治体に支払い、実質2,000円の負担で地方の特産品をもらえるようになったと解釈すると自然です。

税金が安くなったわけではありませんが、返礼品には2,000円以上の価値があるものが多いため、お得感が得られます。

とはいっても、お得なものにはリスクがつきもの…と、不安に思う人も多いのではないでしょうか。

実は、私も「ふるさと納税って、お得とは聞くけど怪しい…国の思惑に騙されているのでは…」と考えていたうちの一人です(笑)

ふるさと納税のデメリットは2つ

疑い深い私が調査した結果、ふるさと納税で考えられるデメリットは、以下の2つです。

  • 節税にならない
  • 上限額を超えた分は控除対象外になる

ふるさと納税は、2,000円を超えた寄付額を所得税と住民税から控除されます。

「控除」といわれると、税金が安くなったと考えてしまいがちですが、実際は支払い先をほかの自治体に変えただけにすぎず、払った税金は戻ってきません。

しかし、今まで払うだけだった税金が、実質2,000円の負担することで2,000円以上の価値があるお礼の品をもらえるようになるのだから、お得感が勝ります。

さらに、ふるさと納税は収入に応じて寄付額に上限があります。

上限額の算出に参考となるのは、前年の収入です。

現状の収入が前年よりも下回っていた場合は、注意が必要になります。

上限額ギリギリで納税をしてしまうと、年末調整で本当の上限額が決定した際に上限額を超えた寄付をしたことになり、控除を受けられません。

控除が受けられなければ、本当にただの善意による寄付になります。

しかし、上限額に余裕をもって利用すれば、ふるさと納税のデメリットはほとんどないに等しいのではないでしょうか。

以前の私は、ふるさと納税のデメリットに以下の考えを持っていました。

「上限額の算出が面倒くさい…。」
「手続きが面倒くさい…。」

しかし、ふるさと納税のサイトから簡単に上限額をシミュレーションできたので、上限額の算出にかかった時間はわずか数秒でした。

さらに手続きに確定申告が必要だと思っていたのですが、今は確定申告不要で手続きできるので、これも数秒で完了!

まったく、デメリットになりませんでした。

以下で、わずか数秒で完了したふるさと納税の手続き方法について、紹介していきます。

上限額は3つの項目を入力するだけで算出できる!

ふるさと納税のサイトでは、必要事項を入力することで上限額をシミュレーションできます。

例えば、私が利用した楽天ふるさと納税では、3つの項目を入力するだけで終了します。

楽天ふるさと納税上限額シミュレーター 

年収は、前年の源泉徴収票に記載してある金額を入力します。

端数の入力はしないので、アバウトでOKです。

家族構成と扶養家族をクリックするだけで、上限額をわずか数秒で算出できるので、とっても簡単でした。

あとは、この算出された金額に余裕をもって納税するだけです。

ふるさと納税をした後には、確定申告が必ず必要というわけではありません。

ワンストップ特例制度なら確定申告不要

以下に該当する人は、ワンストップ特例という制度を利用することで確定申告が不要になります。

  1. ほかに確定申告をする必要がない
  2. 寄付した自治体が5つ以下

ワンストップ特例制度を利用するには、以下の書類が必要です。

  • 特例申請書
  • マイナンバーカードのコピーorマイナンバー通知カード+運転免許証のコピー

特例申請書は、寄付をする時に自治体へ要望すると返送用封筒と一緒に、氏名や住所をすでに記載した特例申請書を郵送してもらえます。

自治体から送られてきた特例申請書には2つの項目にレ点をつけるだけで済むので、とても楽です。
身分証のコピーは、自宅にコピー可能なプリンターがあれば数秒で完了します。

返送用封筒に特定申請書と身分証のコピーを入れ、あとは出かけるついでにポスト投函するだけです。

数分で手続きできる、ふるさと納税ですが、納税サイトがいっぱいあるのでどこがいいのか迷う人も多いのではないでしょうか。

以下で、それぞれの特徴を紹介しましょう。

ふるさと納税サイトはどこがいい?有名な3サイトを紹介

ふるさと納税で、とても有名なサイトは以下の3つです。

  • さとふる
  • 楽天ふるさと納税
  • ふるさとチョイス

それぞれの特徴を、表で簡単にまとめました。

サイト名 特徴
ふるさとチョイス 全国1,788存在する自治体すべての「お礼の品」「寄附の使い道」を掲載している。
楽天ふるさと納税 楽天ポイントがついてネットショッピング同様に寄付できる
楽天スーパーセールでは、買い回り店として1カウントできる。
さとふる 携帯料金と一緒に寄付金を支払える

圧倒的な登録自治体数から、利用者数が一番多いと謳われているのは「ふるさとチョイス」です。
さとふるや、楽天ふるさと納税は、登録自治体数は多くなくとも納税以外の魅力も注目ポイントです。

私は、申し込み時期に12月の楽天スーパーセールが実施されていたので、楽天ふるさと納税を利用しました。

楽天ふるさと納税を利用して届いたのはどんなもの?

私がふるさと納税で寄付した自治体は、4つです。

それぞれの自治体からの返礼品は、以下の商品でした。

  • 牛肉
  • マグロ
  • カニ
  • みかん

ふるさと納税の蟹

写真を撮り忘れてしまい、マグロとみかんはすでに消費してしまいましたが、カニは肉厚そうで見事なものです!

まだ食べていないので、食べるのをとても楽しみにしています!

みかんは10kg届いたのですが、箱いっぱいに入ったみかんのうち、腐っているものは一つもありませんでした!

私の本命でもある牛肉はまだ届いていないのですが、カニがおいしそうだったので、待ちきれないほど、わくわくしています。

ちなみに、会社の先輩も牛肉をふるさと納税の返礼品に選んでいたようで、とても美味しそうな写真をもらいました!

ふるさと納税の牛肉

このお肉を見てしまうと、ますます期待値が上がります!

自治体によっては、商品券や家電、旅行などが返礼品にあり、還元率が40%を超えるケースがあります。

私は、還元率よりも食欲が勝り、すべて食べ物を目当てに寄付しました(笑)

各自治体の豪華すぎる返礼品の内容については、総務省が自粛要請をしているので、多くの自治体の返礼品は寄付額の3割以下になってきています。

しかし、今年は一部の自治体でまだ3割以上の返礼品を設けているところがあるので、高い還元率の返礼品を狙いたい人は間に合いそうです。

ふるさと納税はいつまで?寄付できる期間とは

ふるさと納税は、1月1日から12月31日までに納税(寄付)をした分が、翌年の控除対象になります。
ワンストップ特例制度を利用する人は、翌年1月10日までに申請用紙を郵送していなければ、自身で確定申告をしなくてはいけなくなりますので注意してください。

自治体に申請用紙を要望する場合は、郵送に1週間ほどみておくと安心です。

12月中旬までには納税を済ませていれば、焦らずにすみます。

私も来年は、ゆとりを持ってふるさと納税に挑みたいと思います!