【Webライター募集中】土日休み♪ライター未経験でもOK☆詳しくはこちら

フェレットの飼い方と注意点|一人暮らしでも簡単に飼える種類は?

最近ではペットショップのレギュラー入りをしているフェレット。

モフモフで長い胴体をもつその愛らしさに、一度は飼ってみようと考えたことがある人も多いのではないでしょうか。

フェレットは小動物の中でも感情がわかりやすく、犬や猫よりも飼育がしやすいのが特徴です。

とはいえ、飼育方法を知らない動物を飼うのは不安ですよね。

ここではペットにフェレットを検討しているあなたのために、飼い方や注意点を解説します。

ペットを初めて飼う人や日中に外出しがちな一人暮らしの人でも飼いやすいので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

私が飼っているマーシャルフェレットのコタローくん(2歳)は、仕事から帰ってくると嬉しそうにお出迎えをしてくれますよ。

フェレットの飼い方|一人暮らしや初心者でも飼いやすい

フェレット

フェレットの飼い方は他の動物と違い、最長で1日間放置できるのが特徴です。

手間がかからず鳴き声も微かにしか聞こえないため、アパートでも十分に飼育できます。

さらにフェレットは賢い動物で、しつけが長引くこともありません。

飼育方法については、以下で詳しく解説しますので参考にしてください。

ケージはうさぎ小屋くらいの大きさを選ぼう

ケージを購入する際は、フェレット専用でうさぎ小屋くらいの大きさのものを選びましょう。

フェレットは睡眠と食事、排泄の最中以外は常に遊ぶことを考えています。

ケージが狭すぎるとフェレットが動きにくいため、ストレスが溜まる原因となります。

ケージの広さは、フェレットが常に10歩程度歩けるようにしておくのがベストです。

購入したケージには、ハンモックをつけてあげると喜んでもらえます。

フェレットの寝床はハンモック

フェレットは丸まって眠る習性があるため、一点に体重がかかるハンモックは最適な寝床です。

フェレット用のハンモックにはポケットや潜り穴がついており暑いときや寒いときの体温調節にもできるため、気候によって体調を崩すことも少なくなります。

ハンモックのポケットに潜ったり出てきたりする姿は、まさに癒しそのものです。

お留守番中にこっそり見に行くと、自分でゆらゆらと揺らして遊んでいますよ。

トイレは風通しの良いところに置くと覚えてくれる

フェレット用のトイレを部屋やケージ内に設置する場合は、四隅で最も風通しの良い場所に置きましょう。

フェレットは、角で風通しの良い場所に排泄をする習性があります。

そのため四隅の風通しの良い場所にトイレを置いてあげれば、しつけをしなくても決まった場所に排泄をしてくれるようになります。

ただし自分が好きな場所でしか排泄してくれないため、フェレットに合わせてトイレの位置を変えることが大切です。

エサは好きなときに好きなだけ食べるスタイル

フェレット

フェレットのエサは、常にボウルに入っている状態にしてあげましょう。

フェレットには自分に必要なエサの量を見極める力があることから、ごはんの時間や量が決められていません。

好きな時に好きなだけ食べることがフェレットの健康につながるため、いつでもエサがある状態を心がけます。

ただし稀に体調不良でご飯を食べていないケースがあるため、減っているかこまめに確認が必要です。

エサは何を選んだら良い?

フェレットは完全肉食系のため、動物性タンパク質または動物性脂肪が多いフードがおすすめです。

野菜などの植物性たんぱく質は不必要で、与え続けると消化不良の原因となります。

フェレットにはグルメな子が多く、食べ慣れていないものを口にしません。

そのため、迎え入れる際はペットショップで食べていたフードを購入しておきましょう。

フェレットは偏食になりがち

フェレットには偏食、1種類のフードのみを与えていると他のフードを一切食べなくなります。

そのためごはんをあげる際は2種類のフードを混ぜるか、交互に与えましょう。

とにかく毎日遊んであげることが大事

フェレット

フェレットにとって、食事と睡眠中以外は全て遊ぶ時間です。

一日中ケージの中に入っていると思うように遊べずストレスが溜まってしまうため、1時間以上は出してあげましょう。

家に来たばかりでなついていない子でも、飼い主さんは十分遊びの対象となります。

たくさん遊んであげるほど、早くなついてくれますよ。

あまり遊んであげられない場合は、休日にお散歩に連れていってあげるのもおすすめです。

一緒にお散歩にいくのもおすすめ

好奇心旺盛なフェレットは、外へお散歩にいくことも大好きです。

穴を掘ったり潜ったりする習性があるため、公園へ連れていってあげると大変喜びます。

ただし、フェレットは熱中症にかかりやすいため夏場は避けましょう。

フェレットバイトがあれば誰でもしつけ上手になれる!

フェレットとおやつ

トイレや噛み癖を直すときなどは、しつけのご褒美としてフェレットバイトを与えましょう。

フェレットバイトとは
フェレット専用に開発されたペースと状の栄養補給食です。

どのバイトもフェレットが大好きな味に作られており、なついていない子でも人間の手から舐めてくれます。

トイレがうまくできたときや噛むのをやめたときなどにバイトを与えると、自然にしつけが成功します。

ただし、バイトは高カロリーのため与えるのは1日に1度までにしましょう。

なつくとあなたの後ろをついてきます

フェレットがなつくと、飼い主の後ろを飛び跳ねながらついてきます。

これは遊んで欲しいときや甘えたいときの行動で、早くて半年以内にはこの状態になります。

どこにでもついてくる愛らしい姿は、ネットでストーカーと呼ばれているほど。

とはいえ、なつかない限りは感情を表現してくれないため、地道にスキンシップの回数を重ねましょう。

人間の手からご飯を食べてくれたらなついたサイン

フェレットは好奇心旺盛な反面、警戒心が強い動物です。

そのため、なついていない間は人の手からごはんやおやつを食べてくれません。

飼い主の手から食べてくれたら、それがなつき始めたサインです。

フェレットの価格はいくら?マーシャルやバスバレーを比較

フェレットは犬や猫に比べると価格が安く、顔や体型によって値段が左右されにくいのが特徴です。

各種類で価格の比較をした結果は、以下のとおりです。

相場
マーシャルフェレット 45,000〜65,000円
パスバレーフェレット 30,000〜50,000円
マウンテンビューフェレット 45,000〜65,000円

フェレットの価格は生まれた場所や種類、色などによって決められています。

特にシルバーミットなどの人気な毛色の子は、値段が高くなる傾向にあります。

とはいえフェレットは種類によって性格が異なるため、値段が高ければ良いというわけではありません。

以下で初心者でも飼いやすいフェレットを紹介しますので、参考にしてください。

初心者でも飼いやすいのはどの種類?

結論からいうと、初心者でも飼いやすい種類はマーシャルフェレットです。

マーシャルフェレットは生後、他のフェレットよりも長く母親と過ごします。

そのため噛み癖が少なく、初心者でも安心して飼うことができます。

フェレットを飼ったことがある人なら、他の種類でも問題なく飼えますよ。

各種類の性格や体重について表にまとめましたので、参考にしてください。

性格 噛み癖 体重
マーシャルフェレット おっとり、人懐っこい 少ない 0.8〜1.5kg
パスバレーフェレット やんちゃ、遊び好き やや多め 0.8〜2.0kg
マウンテンビューフェレット おとなしめ、優しい やや少なめ 0.8〜1.5kg

購入場所はペットショップより小動物専門店がおすすめ

フェレットは、ペットショップや小動物専門店で購入できます。

小動物専門店の場合は手のひらサイズの小さい子が多く、値段も良心的なのでおすすめです。

さらに小動物のことをよく知っているため、お世話の仕方を教えてもらったり困ったときの相談にものってもらえます。

一方でペットショップは大きめの子が多いため、幼児期が短いのが特徴です。

どちらも近くにないという人は、里親を検討してみてはいかがでしょうか。

里親を検討するのもひとつの手段

twitterやジモティーなどのSNSでは、フェレットの里親掲示板を設置して募集をしています。

捨てられた子や引っ越しのために飼えなくなった子など、たくさんのフェレットが待っています。

購入の際は、ぜひ検討してみてください。

フェレットを飼う際に知っておきたい6つの注意点

フェレットの飼育にはいくつか注意点がありますので、購入する前はかならず確認しておきましょう。

注意点については、下記で解説していきます。

フェレットに臭いはつきもの!空気清浄機を準備しよう

フェレットは生後間もなく臭腺除去の手術をされるものの、臭いがきついのが特徴です。

わかりやすい例をいうと、小動物専門のペットショップの匂いがします。

こまめにシャンプーしてあげても1日経てば元に戻ってしまうため、臭いに敏感な人にはおすすめできません。

それでも飼いたいという人は、空気清浄機を導入しましょう。

1日中稼働させていれば、部屋の臭いが和らぎます。

室温は常に15〜25℃!冷房はつけっぱなしがベスト

フェレットは暑さに弱い動物のため、常に室温の管理が必要です。

体感温度が人間より10℃高いと言われており、室温が25℃を超えると熱中症にかかってしまいます。

フェレットを飼う際は、同時にエアコンをつけっぱなしにする覚悟をしておきましょう。

扇風機のつけっぱなしは効果なし

電気代を節約したいからといって、エアコンではなく扇風機をつけっぱなしにするのはやめましょう。

フェレットには汗をかく器官がないため、扇風機の風をあてても生ぬるく感じるだけで体温は下がりません。

扇風機の風が当たっていても熱中症にかかってしまうので、必ずエアコンで室温を調節してください。

長期間の旅行は諦めてください

フェレットを飼ったら、長期間の旅行は諦めなければいけません。

なぜなら、一日に一度はケージの外に出ないとストレスが溜まってしまうからです。

十分なお水や食事が用意されていればいきていくことはできますが、外に出られない日数が長くなるほど凶暴化していきます。

せっかくなついても手がつけられない状態になるため、ケージに入れっぱなしにするのはおすすめできません。

どうしても面倒が見られない場合は、小動物専用のペットホテルを利用しましょう。

小動物専用のペットホテルならフェレットの生態を理解しているため、預けている間も一緒に遊んでくれます。

ただし小動物専門のペットホテルは店舗数が少なく、自宅の近くにない場合があるため注意が必要です。

おやつなんて食べてくれません

ペットを飼うと、おやつをあげてコミュニケーションを取りたいと思いますよね。

フェレットの場合は前述で解説したようにグルメな子が多いため、おやつでコミュニケーションを取るのは困難です。

フェレットによって好きな味が異なるため、ジャーキーを好む子もいれば専用のチーズやミルクを好む子もいます。

私の飼っているマーシャルフェレットのコタローくんは、20種類のおやつを試しましたが一切食べてくれませんでした。

24種類目でやっと食べてくれるおやつを見つけましたが、骨の折れる作業だと思います。

とはいえ好きな味を見つけたときは嬉しそうに食べてくれるため、根気よくおやつ探しにチャレンジするものいいかもしれません。

持ち運べるものはみんなおもちゃです

フェレットは自分が持ち運べる小さなものはすべておもちゃと認識するため、周りに小物を置かないように注意しましょう。

例えば洗濯バサミやペットボトルのキャップなどは、目を離している好きに持っていかれてしまいます。

とはいえ、仮に持って行かれても取り返すことは可能です。

フェレットは自分の物をお気に入りの場所に隠す習性があるため、いつもこそこそ作業をしているあたりを見にいけば発見できます。

とはいえ誤飲の危険性があるため、小さすぎるものやゴミなどは近くに置かないようにしましょう。

注意点に気をつけて新しい家族を迎え入れよう!

フェレットは飼育の注意点はあるものの、鳴き声がほとんどなく餌などの時間も決められていないため初心者でも飼いやすい動物です。

部屋の室温に気をつけてあげれば、一人暮らしでも飼うことができます。

一緒に遊べるうえになついてくれるため、一人が寂しい人にはぴったりです。

ぜひ、新しい家族として迎え入れてみてはいかがでしょうか。