【Webライター募集中】土日休み♪ライター未経験でもOK☆詳しくはこちら

大須人気スイーツ「アッフルバー」はインスタ映え必至!?|アンテナント(Antenant)

名古屋の中でも特にスイーツ激戦区の大須で、ひと際目を引くのが、あんスイーツ専門店「アンテナント (Antenant)」です。

あんこワッフルを掛け合わせたスイーツ「アッフルバー」が、インスタ映えを狙う女子に大ヒットし、話題になっています。

人気の裏側に迫るべく、あんこ好きの20代女子が実際に食べにいってきました。

大須×アッフルバーの食べ歩きはフォトジェニックすぎてリピ確定

アンテナントの画像

アッフルバーは、とにかくフォトジェニックなスイーツです。

一度見たらわかる、そのカラーバリエーションは、また違う色を買いたくなってしまうほど豊富なラインナップとなっています。

アッフルバーは、中京テレビの「キャッチ!」でも紹介されました。

アッフルバーって?
アッフルバーとは・・・「AN(餡)+WAFFLE(ワッフル)+BAR(バー)」を組み合わせた新しいインスタ映えスイーツ。

自慢の餡とホイップクリーム、米粉で作られている蝶々がトッピングされたカラフルなアッフルバーは、インスタ映えするだけじゃなく美味しいのが人気の秘訣です。

アッフルバーの主役である餡は、定番のこしあんはもちろん、イチゴあんや抹茶あんなど様々な種類があり、大人から子供まで幅広い層が楽しめるラインナップです

あんこが好きな人にはもちろん、クセがないので苦手な人でもおいしく食べられますよ。

アンテナント(Antenant)の人気メニュー

アッフルバーメニューの画像

アッフルバーの値段は、1本300円で劇的に安いのが嬉しいポイントです。

ドリンクをセットで注文しても、450円ワンコイン以下で驚きました。

アンテナントのメニューは、以下のとおりです。

メニュー
(餡) 紅ほっぺいちご
紫イモ
西尾抹茶
チョコレート
パイナップル
ラムネ
(フィリング・ジャム) バナナペースト
柚子はちみつジャム
いちごカスタードクリーム

アンテナントのメニューは、季節によって変わります

その時々で違う味を楽しめるのは、嬉しいですよね。

また、あんこだけでなくジャムやクリームもあるので、あんこが苦手な人にもオススメです。

アレルギー表示もあり、安心して注文できます。

今回は全メニューの中から、人気の5種類を注文しました。

あずき

アンテナントの画像

定番のこしあんは、職人さんが手作業で作った自慢の餡なだけあって、甘さ控えめでおいしいです。

原料にもこだわっていて、国産の小豆を使用して作っているそうです。

こしあんの上品な舌触りと、しっとりとしたワッフルの生地がお互いの良さを引き出しあっています。

あんこ好きなら、選んでおいて損はありませんよ。

紅ほっぺイチゴ

アンテナントインスタの画像

紅ほっぺいちごは、一番人気の商品です。

程よい酸味と、鼻から抜けるフルーティーな香りがホイップクリームとベストマッチします。

薄い赤色のいちご餡と白い生クリーム、ワッフルの組み合わせは、もはやショートケーキを持ち歩いているかのよう。

インスタ映えを狙うなら、鉄板ですよ。

西尾抹茶

アッフルバー抹茶の画像

その名のとおり、愛知県西尾市産の抹茶を使った餡がトッピングされています。

トッピングの抹茶あんは、苦味と甘さが丁度よくて抹茶好きにはたまらない一品です。

高級な抹茶を使っているぶん、とても香り高かったです。

西尾抹茶特有の深い緑が印象的なので、クール映えを狙うなら西尾抹茶がおすすめ。

紫イモ

アッフルバー紫芋の画像

なんとも目を引くルックスの紫イモ。

そのショッキングな色味からは考えられないほど、イモ感を感じられます。

餡好きで芋好きな私にとっては、もう来週もリピ買いしてしまいそうなほど絶品なワッフルでした。

この紫芋あんは、職人さんが原料の紫芋を溶かしてあんこに加工しているそうです。

バナナペースト

アンテナントメニューの画像

バナナペーストは、とにかくフレッシュです。

バナナを丸かじりしているかのようなとろみと甘みは、ワッフルと合わないはずがありません。

このバナナペースト自体にも生クリームが入っているので、トッピングされている生クリーム合わせて夢のような組み合わせです。

アッフルバー原料の画像

アッフルバー原料の画像

トッピングのバナナペーストは、熟した生バナナの皮をむいてすり潰すところから作るそうですよ。

名古屋で人気のチーズティーとの相性も最高

大須チーズティーの画像

アンテナントの上階には、人気のチーズティー専門店「FORTUNER tea-box(フォーチュナーティーボックス)」があります。

しっとりしたワッフルと、サラッと飲めるチーズティーの相性は最高です。

ちなみにわたしのおすすめは、西尾抹茶アッフルバーと、鉄観音(ウーロン茶)チーズティー。

もちろん2つ合わせれば、インスタ映えも必至ですよ。

もっと「映え」を狙うなら2本以上もしくは空を背景に

大須インスタ映えの画像

アッフルバーは、とにかくカラーバリエーションが豊富です。

その色鮮やかさから、本数を重ねれば重ねるほど素敵な写真が撮れます。

私が挑戦したのは4本ですが、特別なことをしなくても綺麗に写ります。

1本で撮るなら、アッフルバーを上に持ち上げて空を背景に写真を撮るのがおすすめです。

女性であれば、ネイルのチラ見せをするのも映えますよ。

アンテナント (Antenant)は大須商店街発祥のあんスイーツ専門店

アンテナントの画像

アンテナントは、大須商店街発祥のあんスイーツ専門店です。

老舗餡製造メーカーの「大人から子供まで、多くの人に餡のおいしさを知ってもらいたい」という願いから、インスタ映えのスイーツが誕生しました。

餡と合わせるワッフルの生地は、愛知牧場の牛乳アツミファームの卵を使用していて、原材料にもこだっています。

主役である餡がおいしい秘訣は、プロの職人がまごころを込めて丁寧に作っているからなんだそうですよ。

あんこのプロがまごごろ込めて作った餡はどれもおいしい

アンテナントナニワの画像

アンテナントは、老舗餡製造メーカー「株式会社ナニワ」が手がけたあんスイーツ専門店です。

トッピングされている餡は、職人がひとつひとつじっくりと時間をかけて作っているそうです。

アンテナントのメニューが季節ごとに変わるのと同じで、春には桜あん、夏にはずんだあん・秋には栗餡・冬にはりんごあんなど、その種類はなんと1000以上にのぼるとのこと。

アンテナントに並んでいる餡は、選抜されたメンバーなんですね。

まごごろ込めて丁寧に作ったあんこは、確かにどれも上品でおいしかったです。

アンテナントナニワの画像

粒あんやかのこ豆も作っているそうなので、今後アンテナントのメニューに追加されるかもしれませんね。

ちなみにわたしは豆が大好きなので、かのこ豆トッピングを切に願います。

ちなみにアンテナントの店長さんも、平日はあんこの職人さんなんだそうです。

あんこへの情熱があるから、餡を引き立てるワッフルもおいしく作れるんですね。

アンテナント (Antenant)アクセス情報

合点承知ビルの画像

アンテナントは、餡製造メーカーが手がけるアンテナショップのため、営業は土日・祝日のみとなっています。

住所 愛知県名古屋市中区大須3-30-25 合点承知ビル地下1階
アクセス 名古屋市営地下鉄鶴舞線上前津駅9番出口から徒歩3分
営業時間 11:00~18:00 ※土日・祝のみ営業
電話番号 090-4859-6269
公式HP https://antenant.com/

アンテナント (Antenant)の場所は、合点承知ビルの地下1Fです。

「FORTUNER tea-box(フォーチュナーティーボックス)」の右手に見える階段を降りていくと右手に見えますよ。

アッフルバーの人気は本当だった!見て・食べて楽しい魔法のスイーツ

名古屋インスタ映えの画像

アンテナント(Antenant)のアッフルバーは、見てよし・食べてよしのとても楽しいスイーツです。

土日には、多くの買い物客やインスタグラマーで賑わっています。

アッフルバーは1本でも十分インスタ映えしますが、本数が増えれば増えるほどかわいい写真が撮れます。

トッピングの蝶々にピントを合わせて写真を撮るのも、なかなか映えますよ。

週末は、おいしい餡とワッフルが食べられるアンテナント(Antenant)で、素敵な1枚に挑戦して見てはいかかでしょうか。

アンテナント(Antenant)のおすすめポイント
  • インスタ映え必至
  • 1本300円のお手頃価格
  • プロが作った本物のおいしい餡が食べられる
  • 地産地消のこだわりワッフルがおいしい